毎月コツコツ貯蓄するために

何のために「貯蓄」するのか

貯蓄

「貯蓄」の意味を考えた事は有りますか?よく子供の頃には親から「お年玉は貯金しときなさいよ」と言われた方も多いかと思いますが、ただ漠然とした感情だけで「貯蓄」をしているのでしょうか?それとも先行き不安な老後のためでしょうか?
簡単に言ってしまうと「貯蓄」は、老後のためというより、長い人生を生きる過程で起こるさまざまなお金の掛かる出来事や行事を借金しないで乗り切るためです。
その結果として、老後の生活に必要なお金も準備できることになります。
また、若いうちからコツコツとお金を貯めることは、「貯蓄の額を増やす」ことだけが目的ではなく、ある大切な目的があるのです。その目的とは…

支出を自分でコントロールする力を身につけること

お金が貯まらないない人は、貯められないという以前に、支出がコントロールできていない場合が多いのです。
欲しいものがあれば、何も考えずに買ってしまうとお金は貯まりません。
貯められない人はまず、支出をコントロールすることを身につける必要があります。
予算の範囲内で、どうやりくりするかを考えながらお金を使うことが計画的な貯蓄につながります。
つまり、自分で支出をコントロールする力を身につけることがまず大事な事なのです。

お金にルーズな人は「老後破産」予備軍

現在では一昔前と違い、サラリーマンの給料が毎年上がりに上がっていくという時代ではありませんよね。
そんな厳しい中で「行き当たりばったり」でルーズなお金の使い方をしていると、必要なときに必要なお金を準備できずに複数のローン(借金)に頼らざるを得なくなってしまいます。
例えば、充分な頭金を用意しないでマイホームを購入してしまい、住宅ローンの負担が重くて返済するだけで精一杯な上、子供の教育資金を貯めておかなかったために教育ローンを借りてさらに返済に追われてしまう。
このような状況になってしまうと、老後のお金の準備すら出来ず、充分な貯蓄が出来ないまま老後を迎えてしまう事になります。これも老後破産のきっかけの一つなのです

貯蓄上手になるためには

先日お話しました、「先取り貯蓄」をするためには毎月いくら貯蓄するかを決めるのですが、支出を自分でコントロールする力を身につけることが出来ていれば、それはいたってたやすいことです。
毎月支出より収入の方が多くお金が残る人は、その金額に少し足した額に貯蓄金額を設定すると無理なくできるでしょう。 毎月収支が同じくらいという場合は5,000〜1万円くらいから始めてみて、可能であれば少しずつ増やしていくようにしてみましょう。
最初から貯蓄額を高く設定してしまうと、不測の事態に対応が出来なかったり使えるお金が足りなくなったりして、せっかく貯めた貯金を崩してしまうことになりかねませんので、最初から無理はしない事が肝心です。

貯蓄上手になるために関連ページ

小額だけど急に現金が必要になった時は
日々の生活の中で毎月の出費はある程度決まった額が出て行くわけですが、思いがけず急な出費を迫られる場面に出くわす事もあります。そんな時ほど手元に現金が無くて困ることも多いのでは?その時のいい解決方法とは?
住宅ローンは「実質金利」で選ぶべし!
マイナス金利政策に伴い、金融機関の住宅ローン金利はさらに低くなってきています。しかし、金利○%と表示されている金利だけを比較して借りたり借り替えたりすると、思わぬ出費をしてしまうことにもなります。
損してる?クレジットカードのリボ払い
クレジットカードのショッピングでリボ払いの支払い方法を選択している方は多いと思います。ちょっと待って下さい!結構損をしていませんか?
クレジットカードの賢い使い方
今ではショッピングや生活費の支払い、ローンの返済まで活用できるクレジットカードですが、使い方次第では家計を圧迫してしまう事もあります。賢いクレジットカードの使い方とは?
高収入なのに貧乏生活?
収入が少なくて貧乏なのは解りますが、高収入なのに豊かな生活を送れていない人が増えてきているようです。その原因とは何でしょうか?
借り換えれば返済負担が減るチャンス
低金利の時代は借り換えたほうがお得になるが、手数料などにも注意しないといけない。意外と高い借換え手数料。
この低金利時代に貯金しても無駄?
マイナス金利政策が始まり各金融機関の貯蓄に対する利子は軒並み0に近づきました。こんな状況で貯蓄にお金を回す事は無駄なのでしょうか?
老後破産しないために
私たちよりも前の世代と違い、今は貯蓄の金利も低く年金もまともに貰えるかも解らなくなって来ています。まだまだ先のことだと思っていても老後はすぐにやってきます、そのときに手遅れにならないように今からしっかりと準備をしておきましょう。
ボーナスはローン返済に充てるべき?
庶民のためのお金の情報。ローンや金利など、家計生活に欠かせないお金の貸し借りに関する役立つ情報をまとめています。
本当に繰り上げ返済は早くした方がいいのか
早くローンの負担から逃れたいと、繰り上げ返済を行う気持ちは分かりますが、本当に金利の低い今やるべきなのでしょうか?
カードローンの借入と返済
カードローンは大きく銀行と消費者金融に分けることになります。それぞれに特徴があるので自分にあった借入先と方法で検討しましょう。
返済方法を理解しよう
カードローンを使うと返済義務が発生します。カードローンの返済方法にも様々な種類があるので、それをよく理解していれば上手にカードローンを使うことが出来ます。
使う前に知っておこうカードローンの審査内容
気軽に使えるカードローンですが、申し込んだ人全てが利用できるわけでは有りません。審査に落ちれば利用できないので審査に通るためにはどのようなことに注意して置けばいいのでしょうか?
キャッシングとカードローンどっちがお得か?
買い物などで使う場合キャッシングとカードローンのどちらを使うとお得なのでしょうか?似ているようでも違いが有ります。違いを知って賢く使いましょう
どちらがお得か?定率型と定額型
住宅ローンの手数料の支払い方法には定率型と定額型と言う2種類があります。どちらの支払い方法を選べばよりお得になるのでしょうか?
退職金でローンの一括返済はNG!
退職金と言うまとまったお金が入ればつい気持ちが大きくなってしまい、残った住宅ローンを一括で返済したいと思うのは仕方が無い事ですが、それはやってはいけないことなのです。。
今がチャンス!住宅ローン借り換え
マイナス金利導入の影響で住宅ローンの金利がかなり低くなっています。金利が低い有利な住宅ローンに借り換える事で毎月の返済負担を軽くしましょう。。
クレジットカードはこう使え!
ショッピングなどで便利に使えるクレジットカードですが、使い方を間違えると結構損をしてしまいます。賢くクレジットカードを使うにはこんないい方法があります。。
ネット銀行で住宅ローン
ネット銀行は、手数料が安かったり、金利が低くかったりと、有利なキャンペーンを実施していたりするので、これから住宅ローンを組む人や借り換えを検討している人にお勧めです。