住宅ローンは今が借り換えるチャンス

今こそ住宅ローン借り換えのチャンス!

借金返済

今年の2月に導入されたマイナス金利政策の影響で、住宅ローンの金利がかなり低くなりました。8月に底値が出て現在は少し上がってきましたが、それでもまだ以前と比べればかなり低い状態だと言えます。既に住宅ローンを借りていて毎月返済をしている方は、住宅ローンを「借り換え」る事によって、充分なメリットがあるかもしれません。
住宅ローンの「借り換え」とは、既に借りている住宅ローンを今とは違う金融機関で借りて、新しい金融機関で借り換えた金利が適用されるので、現在の金利低下のメリットを受けることができるのです。

借り換えによる主なメリット
  1.  月々の返済額を減らす
  2.  月々の返済額はそのままで「借入期間を短くする」
  3.  8大疾病補償の団体信用生命保険等の付加価値を追加する
借り換える際の付加価値

借入当時に加入した団体信用生命保険を変えられるのも、基本的には借り換え時のみなので、死亡・高度障害時のみに対応できる通常の団体信用生命保険だけではなく、8大疾病補償付の団体信用生命保険を付ける事ができる金融機関が増えてきています。

借り換えにかかる諸費用

借り換える各銀行の商品により保証料・事務手数料は異なりますが、新しく借入する銀行への保証料・事務手数料や抵当権抹消・再設定の費用など、意外と多くの費用が掛かります。保証料・事務手数料については借入額の税込で2.16%としているところが多いのでその利率で試算してみると、4000万円の借入をする場合は86万4000円の保証料・手数料が掛かる事になります。その他に掛かる費用も含めると4000万円の借り換えの場合、概算で100万円程の諸費用がかかってくる計算となるので、借り換えをする場合はその諸費用も考慮した上で、借り換えるべきかを考えるようにしましょう。

こんな方は借り換えを検討しましょう

住宅ローンを借り換えてメリットのある方は次の条件が当てはまれば検討するべきです。

  • 残高が1000万円以上ある
  • 残りの期間が10年以上ある
  • 現在のローンとの金利差1.0%以上ある

また上記以外の人でも以下の条件が当てはまる方は借り換えを検討してみましょう。

  • 2000年から2010年に住宅ローンを借りた人
  • 金利1.0%以上で借入している人

今がチャンス!住宅ローン借り換え関連ページ

小額だけど急に現金が必要になった時は
日々の生活の中で毎月の出費はある程度決まった額が出て行くわけですが、思いがけず急な出費を迫られる場面に出くわす事もあります。そんな時ほど手元に現金が無くて困ることも多いのでは?その時のいい解決方法とは?
住宅ローンは「実質金利」で選ぶべし!
マイナス金利政策に伴い、金融機関の住宅ローン金利はさらに低くなってきています。しかし、金利○%と表示されている金利だけを比較して借りたり借り替えたりすると、思わぬ出費をしてしまうことにもなります。
損してる?クレジットカードのリボ払い
クレジットカードのショッピングでリボ払いの支払い方法を選択している方は多いと思います。ちょっと待って下さい!結構損をしていませんか?
クレジットカードの賢い使い方
今ではショッピングや生活費の支払い、ローンの返済まで活用できるクレジットカードですが、使い方次第では家計を圧迫してしまう事もあります。賢いクレジットカードの使い方とは?
高収入なのに貧乏生活?
収入が少なくて貧乏なのは解りますが、高収入なのに豊かな生活を送れていない人が増えてきているようです。その原因とは何でしょうか?
貯蓄上手になるために
突然の出費や、先行き不透明な老後に向けて貯蓄は必要です。上手に貯蓄をするためにはどのようなやり方があるのでしょうか?
借り換えれば返済負担が減るチャンス
低金利の時代は借り換えたほうがお得になるが、手数料などにも注意しないといけない。意外と高い借換え手数料。
この低金利時代に貯金しても無駄?
マイナス金利政策が始まり各金融機関の貯蓄に対する利子は軒並み0に近づきました。こんな状況で貯蓄にお金を回す事は無駄なのでしょうか?
老後破産しないために
私たちよりも前の世代と違い、今は貯蓄の金利も低く年金もまともに貰えるかも解らなくなって来ています。まだまだ先のことだと思っていても老後はすぐにやってきます、そのときに手遅れにならないように今からしっかりと準備をしておきましょう。
ボーナスはローン返済に充てるべき?
庶民のためのお金の情報。ローンや金利など、家計生活に欠かせないお金の貸し借りに関する役立つ情報をまとめています。
本当に繰り上げ返済は早くした方がいいのか
早くローンの負担から逃れたいと、繰り上げ返済を行う気持ちは分かりますが、本当に金利の低い今やるべきなのでしょうか?
カードローンの借入と返済
カードローンは大きく銀行と消費者金融に分けることになります。それぞれに特徴があるので自分にあった借入先と方法で検討しましょう。
返済方法を理解しよう
カードローンを使うと返済義務が発生します。カードローンの返済方法にも様々な種類があるので、それをよく理解していれば上手にカードローンを使うことが出来ます。
使う前に知っておこうカードローンの審査内容
気軽に使えるカードローンですが、申し込んだ人全てが利用できるわけでは有りません。審査に落ちれば利用できないので審査に通るためにはどのようなことに注意して置けばいいのでしょうか?
キャッシングとカードローンどっちがお得か?
買い物などで使う場合キャッシングとカードローンのどちらを使うとお得なのでしょうか?似ているようでも違いが有ります。違いを知って賢く使いましょう
どちらがお得か?定率型と定額型
住宅ローンの手数料の支払い方法には定率型と定額型と言う2種類があります。どちらの支払い方法を選べばよりお得になるのでしょうか?
退職金でローンの一括返済はNG!
退職金と言うまとまったお金が入ればつい気持ちが大きくなってしまい、残った住宅ローンを一括で返済したいと思うのは仕方が無い事ですが、それはやってはいけないことなのです。。
クレジットカードはこう使え!
ショッピングなどで便利に使えるクレジットカードですが、使い方を間違えると結構損をしてしまいます。賢くクレジットカードを使うにはこんないい方法があります。。
ネット銀行で住宅ローン
ネット銀行は、手数料が安かったり、金利が低くかったりと、有利なキャンペーンを実施していたりするので、これから住宅ローンを組む人や借り換えを検討している人にお勧めです。