カードローンの審査とは

カードローンの審査基準はどこにあるのか

カードローン.審査

まず一番重点を置かれるのが「安定した仕事についている」かどうかということだろう。借入をすれば、すべからく返済しなければならない事は言うまでも無く、返済能力があるかどうかが貸す側の判断材料となる事は想像に易い。そこで勤続年数が長ければ安定した収入があれば、その能力があると判断され、さらに大企業や公務員として勤務している方が信用度が高いといわれている。アルバイトやパートの場合、少しでも信用度を上げる為の条件としては、勤続年数はもちろんの事、より多くの収入を提示できるかどうかも掛かってくる。また派遣会社などへ登録することで職が安定しているとみなされることもあるだろう。

 

 次に、住居が「持家か賃貸か社宅か」なども審査の対象となる。持家が一番有利なのは言うまでも無く、資産があれば返済が滞った場合に、それを抵当にして新にお金を借り入れるか、売却して返済することができるからである。賃貸や社宅の場合は、同じ所に長く住んでいる事がより条件は良くなる。なぜなら借り主が引っ越してしまうと連絡が取れなくなる可能性があるので、居住期間が長ければ長いほど安定していて、支払い能力があるとみなされるので有利となるからである。

他社からの借り入れの有無

審査を依頼した時点で、他社からも借り入れがあった場合など、多重債務者とみなされ審査に通りにくくなってしまう。なぜなら返済が滞る可能性があると判断されてしまうからだ。また、既にカードのキャッシングや消費者金融からの借り入れがある場合には、総量規制という年収の3分の1までしか貸付できない貸出金額の上限があるので、その限度枠内までの貸付となるので注意が必要だ。

 

また同時に、複数の申し込みをしていないかどうかも調べられる。同時に複数の申し込みをした場合は、経済的に逼迫していると判断される場合があるので、同時に申し込む場合は2社程度にしたほうが賢明であり、審査も通りやすくなると言える。

 

過去の支払い経歴

信用情報機関ではローンやクレジットカード等の借入状況、借入金額や返済状況などが記録されており、そのデータを元に今までに金融事故がないかどうかというのも審査の対象となる。
支払い遅延や延滞、債務整理などを行っていなければ審査に通りやすくなるが、申し込みの記録が最長6ヶ月、利用した場合は解約後から最長5年間がデータの保存期間となるので、支払い遅延や延滞、債務整理などが過去にあった場合は、最低5年間を空けてからの申し込みが必要となってしまうので、支払いの遅延などには十分注意しよう。

使う前に知っておこうカードローンの審査内容関連ページ

小額だけど急に現金が必要になった時は
日々の生活の中で毎月の出費はある程度決まった額が出て行くわけですが、思いがけず急な出費を迫られる場面に出くわす事もあります。そんな時ほど手元に現金が無くて困ることも多いのでは?その時のいい解決方法とは?
住宅ローンは「実質金利」で選ぶべし!
マイナス金利政策に伴い、金融機関の住宅ローン金利はさらに低くなってきています。しかし、金利○%と表示されている金利だけを比較して借りたり借り替えたりすると、思わぬ出費をしてしまうことにもなります。
損してる?クレジットカードのリボ払い
クレジットカードのショッピングでリボ払いの支払い方法を選択している方は多いと思います。ちょっと待って下さい!結構損をしていませんか?
クレジットカードの賢い使い方
今ではショッピングや生活費の支払い、ローンの返済まで活用できるクレジットカードですが、使い方次第では家計を圧迫してしまう事もあります。賢いクレジットカードの使い方とは?
高収入なのに貧乏生活?
収入が少なくて貧乏なのは解りますが、高収入なのに豊かな生活を送れていない人が増えてきているようです。その原因とは何でしょうか?
貯蓄上手になるために
突然の出費や、先行き不透明な老後に向けて貯蓄は必要です。上手に貯蓄をするためにはどのようなやり方があるのでしょうか?
借り換えれば返済負担が減るチャンス
低金利の時代は借り換えたほうがお得になるが、手数料などにも注意しないといけない。意外と高い借換え手数料。
この低金利時代に貯金しても無駄?
マイナス金利政策が始まり各金融機関の貯蓄に対する利子は軒並み0に近づきました。こんな状況で貯蓄にお金を回す事は無駄なのでしょうか?
老後破産しないために
私たちよりも前の世代と違い、今は貯蓄の金利も低く年金もまともに貰えるかも解らなくなって来ています。まだまだ先のことだと思っていても老後はすぐにやってきます、そのときに手遅れにならないように今からしっかりと準備をしておきましょう。
ボーナスはローン返済に充てるべき?
庶民のためのお金の情報。ローンや金利など、家計生活に欠かせないお金の貸し借りに関する役立つ情報をまとめています。
本当に繰り上げ返済は早くした方がいいのか
早くローンの負担から逃れたいと、繰り上げ返済を行う気持ちは分かりますが、本当に金利の低い今やるべきなのでしょうか?
カードローンの借入と返済
カードローンは大きく銀行と消費者金融に分けることになります。それぞれに特徴があるので自分にあった借入先と方法で検討しましょう。
返済方法を理解しよう
カードローンを使うと返済義務が発生します。カードローンの返済方法にも様々な種類があるので、それをよく理解していれば上手にカードローンを使うことが出来ます。
キャッシングとカードローンどっちがお得か?
買い物などで使う場合キャッシングとカードローンのどちらを使うとお得なのでしょうか?似ているようでも違いが有ります。違いを知って賢く使いましょう
どちらがお得か?定率型と定額型
住宅ローンの手数料の支払い方法には定率型と定額型と言う2種類があります。どちらの支払い方法を選べばよりお得になるのでしょうか?
退職金でローンの一括返済はNG!
退職金と言うまとまったお金が入ればつい気持ちが大きくなってしまい、残った住宅ローンを一括で返済したいと思うのは仕方が無い事ですが、それはやってはいけないことなのです。。
今がチャンス!住宅ローン借り換え
マイナス金利導入の影響で住宅ローンの金利がかなり低くなっています。金利が低い有利な住宅ローンに借り換える事で毎月の返済負担を軽くしましょう。。
クレジットカードはこう使え!
ショッピングなどで便利に使えるクレジットカードですが、使い方を間違えると結構損をしてしまいます。賢くクレジットカードを使うにはこんないい方法があります。。
ネット銀行で住宅ローン
ネット銀行は、手数料が安かったり、金利が低くかったりと、有利なキャンペーンを実施していたりするので、これから住宅ローンを組む人や借り換えを検討している人にお勧めです。